現在の位置:ホーム > 行事案内 > すべての一覧

行事案内

すべて」には26件の情報があります。

  • 第2回オンラインぶらり酒蔵めぐり

    能登杜氏のふるさとである能登町には、3つの酒蔵(松波酒造、数馬酒造、鶴野酒造店)があります。
    例年6月に3蔵で同時に蔵開きするイベント「ぶらり酒蔵めぐり」を行っておりましたが、新型コロナウイルスの影響により、昨年度に引き続き今回も「オンラインぶらり酒蔵めぐり」として実施することとなりました。
    各蔵の酒の魅力を紹介することを通じて、日本酒ファンの皆様に自宅で楽しめる機会を提供いたします。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年1月21日(金曜日) 17時22分

  • 【開催を延期】2022第35回猿鬼歩こう走ろう健康大会

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2022年1月20日(木曜日) 12時02分

  • 令和3年度 能登町生涯学習振興大会

    令和3年度 能登町生涯学習振興大会を開催します。
    会場:コンセールのと(宇出津公民館)
    内容:2月24日~3月3日 生涯学習展示コーナー
       2月27日 各種講座・教室(要予約)
    ※講座・教室は、感染症予防対策のため、すべて予約制となっています。
    ※状況によっては中止となる場合があります。

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2022年1月17日(月曜日) 09時44分

  • のとキリシマの国際登録書 公開

    のとキリシマツツジの3品種が国際栽培登録機関(本部・英国ロンドン)に登録されたことを記念し、役場柳田総合支所で1月11日から、国際登録証明書の展示公開が行われています。

    名称を公募で決めた「能登の朝陽(あさひ)」「能登の夕陽(ゆうひ)」「能登あかり」が国際規約に基づき昨年9月に品種登録されたことが英文で記されています。日本語訳とその他の品種の説明、花の写真も展示されました。
    企画した町内のNPO...

    総合支所・支所 柳田総合支所 2022年1月14日(金曜日) 16時52分

  • のと寒ぶり料理が楽しめます!2月11日(金)まで

    能登の冬の味覚を代表する寒ぶりが、協賛店10店舗で楽しめます。
    PayPayご利用で最大30%が戻ってくるキャンペーンも実施中です。
    美味しくお得にご利用ください。(キャンペーンは予算額に達し次第終了します)

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年1月4日(火曜日) 14時36分

  • 町民ペタンク大会開催!

    ペタンクとは、的になる玉に向かってボールを投げ、その近さを競い合うスポーツです。
    ルールが簡単で大人から子どもまで楽しめます。競技開始前にルール説明、練習を行いますので、どなた様もお気軽にご参加ください。

    【日時】  令和4年1月30日(日)午前8時半~
    【会場】  内浦体育館
    【対象】  能登町在住・在勤・在学の方 1チーム3~6名
    【参加費】 無料
    【申込み】 1月14日(金)までに町内各体...

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2021年12月15日(水曜日) 14時14分

  • 起舟

    漁師にとって年に1度のお祝いの日、漁船が大漁旗を張り巡らして船を飾り、榊と御神酒を供えて伝統の起舟を祝う。また、大敷き網の各組合では関係者が揃ってにぎやかな酒盛りを開く。漁村の旧正月行事である。
     藩政時代から続いているこの行事は、冬の間浜に引き上げてあった漁船を2月11日に起こして海に浮かべ、その年の大漁を祈ったことから始まる。
     キシュウという字は、漁村では「起舟」、農村では「吉祝」と書き、発...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年11月4日(水曜日) 09時02分

  • 恋路火祭り

    恋路の海に伝わる悲恋の二人を慰めるかのように、赤々と燃えるかがり火が夏の夜空を焦がす。
    沖に浮かぶ赤い鳥居の弁天島、美しい白砂の浜辺。恋の物語の舞台にふさわしく、この世ではかなわなかった二人を慰めるため幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが舞う。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 17時19分

  • 曳山祭

    能登町宇出津の酒垂神社、白山神社の両社の春祭りで。人形で飾り立てた2基の曳山を太鼓やシャギリで囃したて、木遺りに合わせて街をまわる。
    約500年前、畠山七尾城主が五穀豊穣を祈願して神事を執り行った際の出し物で、古くより能登半島一円に伝わる春祭りの行事である。

    運行スケジュールは下記の添付ファイルよりご覧下さい。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 16時01分

  • 酒樽がえし

    1斗入りの酒樽に酒を入れて供え、祝詞を田奏上、終われば島崎の網(間島)・赤倉の網(辺田ノ浜)の両網から選ばれた10名余の若者達が身をきよめ、真新しいふんどし1つの裸となり、1斗入りの酒樽をかつぎ出して、田や海の中で奪い合う。

     長島に寅御前の墓といわれる五輪塔の墓が二基あるが、源義経が奥州に渡るとき、寅御前が病気になり、伴の女3人と7つの樽に乗って流れ着いた。寅御前がそこで歿したので、伴の1人は...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 13時20分