現在の位置:ホーム > お知らせ > ヨーロッパ地域において麻しんの患者が増加しています

ヨーロッパ地域において麻しんの患者が増加しています
  

最終更新日:平成29年9月1日(金曜日) 0時00分 コンテンツID:2-21-11438

印刷ページへ遷移

近年、ヨーロッパ地域において麻しん(はしか)報告数の増加が確認されていますが、今般、特にイタリアとルーマニアにおける報告数の増加が顕著であることが、ECDC(欧州疾病対策センター)から発表されました(ECDC平成29年第32週感染症状況報告より)。

○イタリアの状況
 本年8月4日の時点で4,087名の麻しん患者が報告されている(昨年は年間861名)。
○ルーマニアの状況
 本年8月4日の時点で6,486名の麻しん患者が報告されている(昨年は年間1,969名)。

麻しんは予防接種で予防できる病気です。予防効果を確実にするためには、2回の接種が必要です。

海外に行く前に
・麻しんの予防接種歴を母子健康手帳などで確認しましょう。
・2回接種していない人は、予防接種を検討してください。
(麻しんにかかったかどうかや予防接種歴が不明の場合は抗体検査を検討してください)

帰国後は
・2週間程度は健康状態(特に、高い熱や全身の発しん、せき、鼻水、目の充血などの症状)に注意しましょう。

参考
・厚生労働省 夏休みにおける海外での感染症予防について
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/travel-kansenshou.html


お問い合わせ先

健康福祉課

〒927-0695 石川県鳳珠郡能登町字松波13字75番地

電話番号:0768-72-2500

FAX番号:0768-72-8002

関連ファイル

関連情報

くらしの情報

医療・福祉・健康・子育て 健診・健康づくり

最終更新日:平成29年9月1日(金曜日) 0時00分 コンテンツID:2-21-11438

印刷ページへ遷移

情報発信元

内浦庁舎 健康福祉課  

住所:〒927-0695 石川県鳳珠郡能登町字松波13字75番地

電話番号:0768-72-2500

FAX番号:0768-72-8002