現在の位置:ホーム > お知らせ > あえのこと(ユネスコ無形文化遺産)

あえのこと(ユネスコ無形文化遺産)
  

最終更新日:平成24年10月24日(水曜日) 14時17分 コンテンツID:2-10-2786

印刷ページへ遷移

あえのこと神事1

あえのこと神事2

あえのこと神事3

 豊穣に感謝し、見えない国の神をあたかも人間のように家に迎え入れて入浴と食事でもてなし、1年の労をねぎらうという民俗行事。このアエノコトの実演は植物公園の合鹿庵で行います。

 昭和35年旧柳田村は「あえのこと」を文化財に指定されました。そしてこのことが誘因となって昭和51年「奥能登のあえのこと」は国指定重要無形民俗文化財、平成21年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 田の神様を家の中に迎え入れる日。真言宗がもっとも盛大にやるが他の宗派も簡単ながら必ずする。この行事は農耕儀礼の典型例として奥能登に顕著な分布を示す。世帯主自らの采配によって収穫後に夫々の家に田の神を迎え餐応して豊穣に感謝し、田の神と共に越冬の後、春耕に先立ち再び餐応して豊穣に祈願し送り出すという形態が一般的であり、眼前に田の神がいますがごとく執り行う所作や直会には豊穣に対する感謝と願いが素朴なままに発露されている。12月5日から2月9日まで、田の神様は家の中に入られることになる。

あえのこと神事4

あえのこと神事5

開催日 /毎年12月5日(お迎え)、毎年2月9日(送り)
開催場所/能登町(柳田植物公園 合鹿庵)、不動寺・国重地区など

<スケジュール>
 神事を一般公開している柳田植物公園(合鹿庵)では、11:30頃から神事が執り行われる。




お問い合わせ先

ふるさと振興課

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532

関連情報

観光情報

観光 まつり

最終更新日:平成24年10月24日(水曜日) 14時17分 コンテンツID:2-10-2786

印刷ページへ遷移

情報発信元

能都庁舎 ふるさと振興課  

住所:〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532