現在の位置:ホーム > お知らせ > ごみ・資源の分け方・出し方について

ごみ・資源の分け方・出し方について
  

最終更新日:平成26年4月14日(月曜日) 12時40分 コンテンツID:2-8-284

印刷ページへ遷移

「ごみ・資源収集カレンダー」に従い、各地区指定日の朝8時30分までに出してください。分け方・出し方については定められているとおりにお願いします。
限りある資源の有効活用のため、ご協力をお願いします。

◇「もやせるごみ・布ひも類」
もやせるごみ用の指定袋(ピンク)で出してください。袋に入らない物は、もやせるごみ用の指定シール(ピンク)を貼って出してください。

◇「もやせないごみ・埋立ごみ」
もやせないごみ用の指定袋(みどり)で出してください。袋に入らない物は、もやせないごみ用の指定シール(みどり)を貼って出してください。

◇「新聞・紙パック・ダンボール・その他紙」の紙類
各々に仕分けて十文字に結束してそれぞれの指定日に出してください。

◇「空き缶・空きびん・ペットボトル・有害ごみ」
各々に仕分けて中身が確認できる透明の袋で、それぞれの指定日に出してください。

◇「粗大ごみ」
奥能登クリーンセンター(TEL62-8222)へ自己搬入となります。事前に電話連絡の上、持ち込んでください。

■ごみ出しは、当日お朝8時30分までに収集ステーションへお願いします。
分け方・出し方について詳しくは、「ごみ・資源の分け方・出し方一覧」を参照ください。

■ルール違反のものは「ルール違反シール」を貼って残していきます。チェックされた項目がその理由ですので、ルールを守って次の収集日に出してください。
なお、役場では「ごみ・資源の分け方・出し方」マニュアルを作成し配布しております。お手元にない方は各庁舎、支所・出張所の窓口へおたずねください。

■生ごみは十分に水分を絞りましょう!
ちょっとした一手間で、ごみの減量に効果があります。
家庭で毎日出るごみといえば可燃ごみ。可燃ごみには台所から出る生ごみが含まれているため、その約半分が水分と言われています。
生ごみを捨てる前に、十分に水分を絞ることで簡単にごみを減量化することができます。
町民一人ひとりの行動が、町全体のごみの減量に大きな力となり環境保全にもつながります。
まず、始めてみましょう! 「生ごみは捨てるまえにひとしぼり」

お問い合わせ先

環境対策課

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8507

関連ファイル

関連情報

くらしの情報

生活環境・安全 ごみの処理

最終更新日:平成26年4月14日(月曜日) 12時40分 コンテンツID:2-8-284

印刷ページへ遷移

情報発信元

能都庁舎 環境対策課  

住所:〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8507