現在の位置:ホーム > お知らせ > 能登町ふるさと大使

能登町ふるさと大使
  

最終更新日:平成26年7月24日(木曜日) 8時34分 コンテンツID:2-10-6537

印刷ページへ遷移

 

能登町の魅力PRや交流人口拡大などを目指し、平成20年に「能登町ふるさと大使」の制度を創設しました。町長が任命し任期は3年です。
次の個人や団体などが大使として活動しています。

●梅 佳代(写真家)
能登町生まれ。平成18年に刊行した「うめめ」で第32回木村伊兵衛写真賞を受賞する。
●室谷 文音(抒情書家)
英国留学などを経て平成18年、同じく書家の両親と京都府から能登町へ移住した。能登町内浦長尾に構えるアトリエとドイツを拠点に創作活動を続ける。
●能登町スターズ(グラウンドゴルフチーム)
北陸3県を遠征し、現地の愛好者グループとの対戦を通じて交流を深め、能登町の魅力をPRする。
●神和住 純(元プロテニス選手)
神和住さんを招いての「エンジョイテニス大会」が平成11年から町内で開催され、平成19年にはラケットやカップなどを町に寄贈している。父・正さんが能登町出身。
●中 乃波木(写真家・エッセイスト)
東京都出身で中学時代を能登町で過ごした。季刊誌「能登」で母・十七波(となみ)さんとの2人暮らしの思い出をつづったエッセー「大波小波」を連載中。
●農口 尚彦(能登杜氏)
能登町生まれ。全国新酒鑑評会の金賞を通算で30回近く受賞し、平成18年度には「現代の名工」に認定された。「能登杜氏四天王」の一人。
●のっとりん(町イメージキャラクター)
能登の方言で「勢いがある」にちなんだ名前で、町内に住む女の子の妖精という設定。
●柴野 大造(ジェラート職人)
能登町生まれ。平成26年にイタリアで開かれたジェラート職人の世界大会で10位に入賞する。
●能登ごいた保存会大阪支部
能登町宇出津発祥の伝統娯楽「ごいた」の普及に関西で取り組んでいる。

農口尚彦さんは「日本酒の神様」とも呼ばれている

2014国際ジェラートコンテストでトロフィーを受け取る柴野大造さん

中乃波木さんは写真とイラストのコラージュ作品も制作している

お問い合わせ先

ふるさと振興課

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532

関連情報

くらしの情報

まちづくり・産業・交通 まちづくり交流

最終更新日:平成26年7月24日(木曜日) 8時34分 コンテンツID:2-10-6537

印刷ページへ遷移

情報発信元

能都庁舎 ふるさと振興課  

住所:〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532