現在の位置:ホーム > お知らせ > みなとオアシス小木

みなとオアシス小木

最終更新日:平成25年6月26日(水曜日) 9時03分 コンテンツID:2-10-5023

平成25年5月3日「みなとオアシス小木」が誕生しました。全国で69番目、県内では七尾港、輪島港、宇出津港に続く4番目の「みなとオアシス」の登録で、町としては2例目の登録となります。これで、1つの自治体で2つの「みなとオアシス」を持っているのは、広島県尾道市と能登町だけということになり、町としては能登町が全国初ということになります。
 小木港は、藩政時代には「加能越一の“うるま”」であると称えられたこともある、風待ちなどに適した天然の良港です。全国で4番目のイカの水揚げ量を誇り、イカの内臓を加工した魚醤「いしる」など、イカを加工した特産品が多く存在します。
 風光明媚な「九十九湾」は日本百景として名を馳せており、小木港沖は石川県で唯一の適地ということから、平成17年より、毎日百トンの海洋深層水が取水されています。雑菌がない一方で、ミネラル分が豊富ということで、金沢市内の鮮魚店や料亭で人気が急上昇し、町の新しい地域資産として期待が高まっているところです。

お問い合わせ先

ふるさと振興課

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532

関連情報

観光情報

観光 名所・みどころ

情報発信元

能都庁舎  ふるさと振興課

住所:927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532