現在の位置:ホーム > お知らせ > お知らせの一覧

お知らせ

お知らせ」には398件の情報があります。

  • 地域おこし協力隊募集!(能登高校魅力化プロジェクト)

     日本で初めて世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」、この能登半島に能登町はあります。
     伝統の祭礼や、独特の発酵文化が根付くこの町でも、人口減少や少子高齢化が進行し、町内に唯一存在する石川県立能登高等学校も生徒数が減少してきております。このまま生徒減少が続くと、高校の存続が危ぶまれることとなり、危機的状況です。町内から高校がなくなるということは、地域の活力が失われ、衰退を招くものと認識してお...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年3月30日(金曜日) 14時17分

  • 能登町創生人口ビジョン及び総合戦略を策定

     平成26年11月、国が制定した「まち・ひと・しごと創生法」第10条に基づき、能登町では、急速に進む人口減少に歯止めをかけ、「しごと」と「ひと」をつなぎ、「ひと」と「ひと」をつなぐ好循環を確立し、「まち」の活力を取り戻すため、「能登町創生人口ビジョン」及び「能登町創生総合戦略」を策定しました。

     人口ビジョンは、能登町の人口の現状と将来の姿を示し、人口減少問題について、町民の方との共通認識を図る...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年3月30日(金曜日) 14時16分

  • 興能信用金庫との「地方創生に係る包括連携協定」について

     能登町(町長 持木一茂)と興能信用金庫(理事長 數馬嘉雄)は「地方創生に係る包括連携協定書」を締結いたしました。

    1.協定の目的   
     今般、能登町および興能信用金庫は、人口減少や少子高齢化、地域経済の縮小等の地域課題に対して、相互が緊密に連携しながら、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進することにより、能登町の産業振興や地域経済の活性化並びに地域活力の創造に資することを目的としま...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年3月30日(金曜日) 14時16分

  • 地方行政サービス改革に関する取組状況等の調査の結果公表

    石川県内の自治体における、地方行政サービス改革に関する取組状況等について公表いたします。

    能都庁舎 総務課 平成30年3月30日(金曜日) 12時49分

  • 北陸財務局による当町の財政状況ヒアリングの結果について

     財務省北陸財務局(融資課)が平成29年12月に実施した当町の財政状況ヒアリングの結果について、財務状況を町のみなさまと共有したく掲載します。
     当町としましては、引き続き「第2次行政改革」の推進に努めてまいります。

    能都庁舎 企画財政課 平成30年3月29日(木曜日) 17時41分

  • 「広報のと」がより身近に。「マチイロ」で広報紙をチェック

    スマートフォンやタブレット端末で広報紙を読むことができるアプリ「マチイロ」を導入しています。

    町内全戸に配布している「広報のと」を、お手元の携帯端末でご覧いただけます。

    便利な機能が満載です。
    ・ページめくりや拡大、気になる情報のスクラップ
    ・アプリでは記事をSNSでシェア(共有)
    ・バックナンバーの閲覧

    利用料は無料です。
    遠隔地にお住まいのご家族やお知り合いにも、ぜひおすすめください。
    ...

    柳田庁舎 広報情報推進課 平成30年3月26日(月曜日) 11時15分

  • 能登町農業振興協議会 役員改選

    能登町農業振興協議会の総会は3月18日、柳田山村開発センターで開かれ、役員改選では次期会長に南正晴氏を選びました。任期は4月1日から2年間です。
    総会には県奧能登農林総合事務所の高順一郎農業振興部長などの来賓を含め24人が出席。協議会の西出宏会長は、昨年10月に高知県で開催された「全国農業担い手サミット」に参加したことなどを報告し、新年度の協議会活動への参加を呼びかけました。
    次期役員は次のとおり...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年3月26日(月曜日) 10時09分

  • 鳥獣被害防止対策

     町では、鳥獣による農作物等の被害を軽減するため、集落ぐるみの取り組みを支援しています。
     電気柵や捕獲檻の設置にかかる補助、狩猟免許取得者への助成、人材育成のための講習会や集落の点検等を実施しています。

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年3月23日(金曜日) 09時35分

  • ふるさとの匠「未来につなげる技能展」

    ふるさとの匠「未来につなげる技能展」に出展した能登町の匠3人は3月15日、各自の技能や取り組み内容などを発表しました。

    町から参加していたのは、ユネスコ無形文化遺産「あえのこと」を継承する中正道さんと宇出津(うしつ)地区発祥の伝統娯楽「ごいた」の普及・伝承を行う洲崎一男さん、マツタケ山整備に取り組む中山吉男さんの3人。
    洲崎さんは「『ごいた』の普及と保存は町おこしが狙いだった。今では全国に保存会...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年3月20日(火曜日) 09時04分

  • 財政状況資料集の公表について

     能登町が健全な財政運営を行うため、平成22年度決算分から新たに「財政状況資料集」を作成し、財政の状況及び分析に関する情報をできる限り正確に、かつ、わかりやすく公表しています。

    能都庁舎 企画財政課 平成30年3月16日(金曜日) 18時43分