現在の位置:ホーム > お知らせ > 「閭ス逋サ逕コ邱丞粋隕ウ蜈峨ヱ繝ウ繝輔Ξ繝�繝医�後�ョ縺」縺ィ繧峨∋繧九��」の関連情報の一覧

お知らせ

「閭ス逋サ逕コ邱丞粋隕ウ蜈峨ヱ繝ウ繝輔Ξ繝�繝医�後�ョ縺」縺ィ繧峨∋繧九��」の関連情報」には120件の情報があります。

  • ふるさと納税で能登町を応援してください!

    「ふるさと能登町応援寄付」は、「生まれ育ったふるさとに貢献したい!」「関わりが深い地域を応援したい!」という熱い思いを実現するため、自らの意思で納税先を寄附という行為によって選択できるものです。

    能登町では、皆様からお寄せいただいた貴重な御寄附を次の施策に活用します。
    1 子育て・社会福祉活動の支援
    2 スポーツ・地域文化活動の支援
    3 循環型社会構築のための環境対策支援
    4 観光・地域振興の支...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年6月27日(水曜日) 13時16分

  • 今年の夏は能登町の海へGO!!

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年6月15日(金曜日) 09時17分

  • 松波人形キリコ祭り

     各町内から出されるキリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合います。
     題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩きます。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年6月8日(金曜日) 20時20分

  • 恋路火祭り

    <恋路に伝わる伝説(「能登名跡志」より)>
    多田の里の女と木郎の里の男が毎夜会っていた。男は磯伝いにたどり、女は月の出ない夜には岩の端でかがり火をたいて待っていた。ところが他に横恋慕する男がいて、女を縛り、かがり火を所を変えて焚いたので、会いに来た男はあやまって磯の深みに沈んで死んだ。女も後を追って投身した。恋人同士の霊を慰めるため、村人がこぞって浜辺にかがり火を焚いたのが始まりとされている。 
    ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年6月8日(金曜日) 20時19分

  • あばれ祭(石川県無形民俗文化財)

     宇出津あばれ祭は、石川県無形民俗文化財となっている勇壮な祭りで、この祭りを皮切りに能登のあちこちで夏祭りが始まります。
     350年前、当地に悪病が流行したため、京都の祇園社から牛頭天王を歓請。盛大な祭礼を始めたところ、神霊と化した青蜂が悪疫病者を救った。喜んだ地元の人は、キリコを担いで八坂神社へ詣でたのが始まりとされている。高さ7m、40数本の奉燈(キリコ)が大松明の火粉の中を乱舞し、2基の御輿...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年5月30日(水曜日) 16時23分

  • 深層水ペットボトルに観光PRラベル3種、数量限定新登場!

    能登町の観光PRと能登海洋深層水の利用促進を目的に、能登はやさしや水までも「のとキリシマツツジ」「あばれ祭ラベル」「九十九湾ラベル」を5月1日(火)から販売開始します。よばれにお土産に、ぜひご利用ください。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年5月2日(水曜日) 10時40分

  • 能登町農林水産物加工開発センターを利用してみませんか

    農林水産物を加工してみませんか。
    能登町農林水産物加工開発センター(能登町字立壁)では、色々な農水産物の加工ができます。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年4月26日(木曜日) 17時31分

  • 能登町民間宿泊施設魅力向上支援事業補助金

    この制度は、多様な宿泊ニーズに対応し、町の魅力を高めようとする取組(宿泊施設の改修等の設備投資)に要する経費の一部を補助します。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年4月6日(金曜日) 16時21分

  • 「広報のと」がより身近に。「マチイロ」で広報紙をチェック

    スマートフォンやタブレット端末で広報紙を読むことができるアプリ「マチイロ」を導入しています。

    町内全戸に配布している「広報のと」を、お手元の携帯端末でご覧いただけます。

    便利な機能が満載です。
    ・ページめくりや拡大、気になる情報のスクラップ
    ・アプリでは記事をSNSでシェア(共有)
    ・バックナンバーの閲覧

    利用料は無料です。
    遠隔地にお住まいのご家族やお知り合いにも、ぜひおすすめください。
    ...

    柳田庁舎 広報情報推進課 平成30年3月26日(月曜日) 11時15分

  • 能登杜氏の酒

     

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年3月24日(土曜日) 08時22分