現在の位置:ホーム > 行事案内 > 「�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス」の関連情報の一覧

行事案内

「�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス」の関連情報」には23件の情報があります。

  • 国指定名勝 旧松波城庭園 発掘調査説明会

    国指定名勝 旧松波城庭園 発掘調査説明会を実施します。
    時間:令和3年9月25日(土)
    (1)10時~11時
    (2)13時~14時
    集合場所:旧のと鉄道松波駅前
    ●参加費無料・どなたでも参加できます
    ●動きやすく汚れてもよい服装、靴(長靴)でご参加ください
    ●雨天や現場の状況によっては中止となる場合があります
    ●発熱・咳症状など体調がすぐれない方は参加をお控えください

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2021年9月21日(火曜日) 13時37分

  • 「ナショナルコレクション」認定 のとキリシマツツジ

    のとキリシマツツジの古木群が日本植物園協会の保全制度「ナショナルコレクション」に認定されたことを記念し、柳田総合支所で6日、認定証と認定プレートの公開展示が始まりました。

    認定を申請した町内のNPO法人「のとキリシマツツジの郷」が企画。ナショナルコレクションや古木群の説明文も添えてあります。プレートは高さ21cm、幅15cmのクリスタルガラス製で、来所者は光沢のある美しい輝きに見入っていました。...

    総合支所・支所 柳田総合支所 2021年9月9日(木曜日) 11時30分

  • 令和3年度 能登町指定文化財展

    能登町指定文化財のうち、仏教に関わる文化財などを展示します。
    普段は見ることができない展示品を、この機会にご覧ください。

    【展示品】
    ●紙本著色五秘密曼荼羅(鎌倉時代 願成寺蔵)※背景
    ●木造十一面観世音菩薩立像(鎌倉時代 法華寺蔵)
    ●孔雀文銅磬(鎌倉時代 法華寺蔵)
    ●木造馬頭観音菩薩像(戦国時代 法華寺蔵)
    ●黄檗鉄眼版大般若波羅蜜多経および収納木製箪笥(江戸時代 願成寺蔵)
    ●不動護摩次...

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 町立美術館(羽根万象美術館) 2021年9月1日(水曜日) 13時09分

  • 起舟

    漁師にとって年に1度のお祝いの日、漁船が大漁旗を張り巡らして船を飾り、榊と御神酒を供えて伝統の起舟を祝う。また、大敷き網の各組合では関係者が揃ってにぎやかな酒盛りを開く。漁村の旧正月行事である。
     藩政時代から続いているこの行事は、冬の間浜に引き上げてあった漁船を2月11日に起こして海に浮かべ、その年の大漁を祈ったことから始まる。
     キシュウという字は、漁村では「起舟」、農村では「吉祝」と書き、発...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年11月4日(水曜日) 09時02分

  • 恋路火祭り

    恋路の海に伝わる悲恋の二人を慰めるかのように、赤々と燃えるかがり火が夏の夜空を焦がす。
    沖に浮かぶ赤い鳥居の弁天島、美しい白砂の浜辺。恋の物語の舞台にふさわしく、この世ではかなわなかった二人を慰めるため幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが舞う。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 17時19分

  • 曳山祭

    能登町宇出津の酒垂神社、白山神社の両社の春祭りで。人形で飾り立てた2基の曳山を太鼓やシャギリで囃したて、木遺りに合わせて街をまわる。
    約500年前、畠山七尾城主が五穀豊穣を祈願して神事を執り行った際の出し物で、古くより能登半島一円に伝わる春祭りの行事である。

    運行スケジュールは下記の添付ファイルよりご覧下さい。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 16時01分

  • 酒樽がえし

    1斗入りの酒樽に酒を入れて供え、祝詞を田奏上、終われば島崎の網(間島)・赤倉の網(辺田ノ浜)の両網から選ばれた10名余の若者達が身をきよめ、真新しいふんどし1つの裸となり、1斗入りの酒樽をかつぎ出して、田や海の中で奪い合う。

     長島に寅御前の墓といわれる五輪塔の墓が二基あるが、源義経が奥州に渡るとき、寅御前が病気になり、伴の女3人と7つの樽に乗って流れ着いた。寅御前がそこで歿したので、伴の1人は...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 13時20分

  • 白丸曳山祭

    若い衆を中心に鉾山を曳き、キャラゲ(小学校の男児)が華やか柄模様(えもよう)で鈴を付けた長襦袢(ながじばん)を着て、ウコン色の手甲椡伴、柄模様の冠をかぶせ、顔が少し見える程度の女装をし、一山に2、3人くらい乗せ、曳き山唄や掛け声を合図に進行される、いわば進行役にもあたるわけで、これらの子供を「キャラゲ」と言い、唄も「キャラゲ」と言うが、むしろ「キャラゲの唄」というのが正しいかもしれない。また、鉾山...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 13時19分

  • 小木袖キリコ祭り

    能登半島では珍しい奴凧を思わせる形の大あんどん。クライマックスでは、9基の袖キリコが御船神社に向かう急で細い坂道を押し上げられる。その強さと迫力は漁師町ならではの勇ましく迫力ある祭り。

    明治11・12年、社頭造営に曳き出した。当時のキリコは巨大で西町、東町などは幅は十一間、高さ四間半であったが、大正3年、電灯線が架設されたので現在のように小さくなった。奉燈キリコは能登一円に多くあるが、小木袖キリ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 13時10分

  • 松波人形キリコ祭り

    各町内から出されるキリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合う。
    題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩く。

    文化8年(1811年)松波袋町の若連中が張本となり、近くの若手と組して長さ6間8寸のキリコを買ってきて、ナカフクに狂歌・鳥羽絵などを描き、太鼓・笛・鐘などを打ち鳴らして若衆が威勢良くキリコを祇園祭に担ぎ廻った。文化10年から文政元年にかけて他町...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年4月27日(月曜日) 15時59分