現在の位置:ホーム > お知らせ > 県営中山間地域総合整備事業 柳田西部地区

県営中山間地域総合整備事業 柳田西部地区
  

最終更新日:2016年11月16日(水曜日) 15時35分 コンテンツID:2-14-9992

印刷ページへ遷移

ほ場整備の完成祝い「完工記念式典」

ほ場整備の記念碑を除幕した関係者ら

谷本知事の揮毫による記念碑。石材は富山県から厳選して取り寄せたもの

記念碑と銘板の除幕を行った

県営中山間地域総合整備事業柳田西部地区の「完工記念式典」は11月13日、当目集会所前で行われ、約50人が再整備された水田の完成を祝い、農業と地域の活性化に期待を込めました。
事業は平成18年に奥能登の中山間地域で初めてのほ場整備事業として始まりました。施工面積は当目、大箱地区の計76.2ヘクタールで、総事業費は8億4800万円となります。
神事の後、谷本正憲知事や持木一茂町長、着物姿の地元女子児童らが、谷本知事が揮毫(きごう)した文字が彫られた白御影石の記念碑を除幕しました。
柳田西部地区ほ場整備推進協議会の向峠智隆会長は「『千石在所(せんごくざいしょ)』の当目に相応しいみごとなほ場が完成した。計画的な営農を進め、代々伝わる豊かな農地を守っていきたい」と式辞。谷本知事は「わが国に多い中山間地域を象徴するようなこの地区で、農地を大きくし、水はけをよくした。良質な食を提供し、地域を元気にして」と祝辞を述べました。
式典終了後、参列者らは近くに整備されている「里山稲作農林資料館」を見学しました。

祝辞を述べる谷本知事

持木町長は柳田西部地区を「ファースト・ペンギン」と讃えた

向峠会長が施工した柳田建設(株)と(有)渡瀬建設に感謝状を贈呈

事業を成功に導いた功績により、向峠会長へも当目区長から感謝状が

「里山稲作農林資料館」を見学する谷本知事 


お問い合わせ先

農林水産課

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津ト字50番地1

電話番号:0768-62-8524

FAX番号:0768-62-8505

関連情報

くらしの情報

まちづくり・産業・交通 産業

最終更新日:2016年11月16日(水曜日) 15時35分 コンテンツID:2-14-9992

印刷ページへ遷移

情報発信元

本庁舎 2階 農林水産課  

住所:〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津ト字50番地1

電話番号:0768-62-8524

FAX番号:0768-62-8505