現在の位置:ホーム > お知らせ > まちづくり・産業・交通[交流]の一覧

お知らせ

まちづくり・産業・交通[交流]」には37件の情報があります。

  • サミット開催で記念植樹

    5月4日に開催された「第1回全国キリシマツツジサミットin能登」の参加者約20人は5月5日、柳田植物公園で、サミットの開催を記念して各地のキリシマツツジを植栽しました。

    奧能登2市2町のほか、鹿児島県霧島市と宮崎県えびの市、群馬県館林市の自治体や団体の関係者が参加しました。
    それぞれの地元から持ち寄った樹齢3~30年、高さ0.5~1.2mほどの「本霧島」や「紅重(べにがさね)」など9本が植えられ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2014年5月28日(水曜日) 08時19分

  • 東京に奧能登酒蔵学校

    奥能登の酒造メーカー6社による「奧能登酒蔵学校」は4月19日、東京都内で始まりました。能登産の日本酒の魅力を発信し、首都圏でファンを増やすのが狙いです。
    全10回のプログラムで、能登での実地活動も行い、五感で奧能登の風土や文化を知ってもらいます。初回は22人が参加し、舌の肥えた首都圏の女性らが能登の発酵食品と日本酒の相性の良さを実感しました。

    酒蔵学校は数馬酒造と松波酒造などが運営。東京・丸の内...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2014年5月28日(水曜日) 08時11分

  • 「丸の内朝大学」受講生 再び黒川へ

    東京・丸の内で出勤前の会社員を対象に開かれている市民大学「丸の内朝大学」地域プロデューサークラスの受講生14人は5月10日、黒川を訪れ、山菜採りや田植え体験を通して住民と交流を深めました。

    同クラスは藩政期の天領庄屋「中谷家」(県指定文化財)を拠点に、友人を自宅に招いてもてなす能登の風習「ヨバレ」を活用した地域おこしを模索しています。
    受講生は住民の案内で鉢伏山周辺を巡り、ワラビやカタハなどを採...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2014年5月23日(金曜日) 12時50分

  • 能登町ふるさと大使

    能登町ゆかりの写真家・中乃波木(なか のはぎ)さんを能登町ふるさと大使に再任命し、5月8日に委嘱状を交付しました。

    東京都出身の中さんは中学時代を旧柳田村で過ごしました。写真家として、2007年に写真集「Noto」を出版。能登の魅力を伝え続け、5月に拠点を東京から金沢へ移しています。
    役場での任命式で、持木一茂町長が委嘱状と名刺を手渡して「今後も多くの人に能登を発信してほしい」と中さんを激励。の...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2014年5月12日(月曜日) 08時44分

  • ふるさと自慢レシピ集

    能登町のふるさと自慢レシピ集

    本庁舎 1階 健康福祉課 2014年4月18日(金曜日) 11時41分

  • 写真家・中 乃波木さん『ふるさと大使』に

    能登町の魅力を全国にPRしてもらうため、能登町ゆかりの写真家・中 乃波木(なか のはぎ)さんを「能登町ふるさと大使」に任命しました。
    4月4日、持木町長が「交流人口の拡大に協力してください」と委嘱状と大使の名刺を交付しました。

    中さんは、中学1年生の夏から卒業までの期間を能登町(旧柳田村)で過ごし、2007年には能登の自然を撮りおさめた写真集『Noto』を出版。
    「のとっ子」を自称する中さんは、...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年4月12日(火曜日) 08時29分

  • 【使用を中止しています】能登町ハーモニーセンターについて

    現在、使用を中止しています。
    ご迷惑をお掛けしますがご理解の程よろしくお願いいたします。

    ****************************************************************

    能登町ハーモニーセンターをご利用しませんか?

    個人や団体で行なう、作品展や簡単な催し物の会場探しにお困りではないでしょうか?
    能登町ハーモニーセンターでは、創作室・ホール・大...

    本庁舎 2階 能登町ハーモニーセンター 2010年11月19日(金曜日) 16時57分