現在の位置:ホーム > お知らせ > 「鬮「�スュ?�スス�スス鬨セ蜈キ�スス�スサ鬨セ蛹��スス�スコ鬩搾スア闕ウ讓抵スイ遏ゥ蝗�?�スス�スウ髯キ莠・�スウ�スィ郢晢スア驛「譎「�スス�スウ驛「譎�スシ驥�讓抵スケ??驛「譎冗樟?鬲�莨夲スス�スシ?�スス�スエ??�スス�スシ?�スス�スッ驍オ�スイ???�スス�スシ?�スス�スョ??�スス�スシ?�スス�スッ??�スス�スシ?�スス�スエ??�スス�スシ?�スス�スッ驍オ�スイ???�スス�スシ?�スス�スエ??�スス�スシ?�スス�スッ??�スス�スシ?�スス�スキ??�スス�スシ?�スス�スョ驍オ�スイ?date_type=0」の関連情報の一覧

お知らせ

「鬮「�スュ?�スス�スス鬨セ蜈キ�スス�スサ鬨セ蛹��スス�スコ鬩搾スア闕ウ讓抵スイ遏ゥ蝗�?�スス�スウ髯キ莠・�スウ�スィ郢晢スア驛「譎「�スス�スウ驛「譎�スシ驥�讓抵スケ??驛「譎冗樟?鬲�莨夲スス�スシ?�スス�スエ??�スス�スシ?�スス�スッ驍オ�スイ???�スス�スシ?�スス�スョ??�スス�スシ?�スス�スッ??�スス�スシ?�スス�スエ??�スス�スシ?�スス�スッ驍オ�スイ???�スス�スシ?�スス�スエ??�スス�スシ?�スス�スッ??�スス�スシ?�スス�スキ??�スス�スシ?�スス�スョ驍オ�スイ?date_type=0」の関連情報」には105件の情報があります。

  • 常椿寺の夫婦藤

     樹齢およそ550年。2本のうちの1本の大きさは、根回り6.2m、胸高周囲4m、樹高25mにも達しています。
     2本のフジが互いに寄り添うように立ち登ることから『夫婦フジ』とも呼ばれています。
     また、昇龍(しょうりゅう)と臥龍(がりゅう)と名付けられた夫婦フジの幹に触れて愛を誓うと、その愛は不動のものになると古来から言い伝えられることから縁結びのフジとも言われています。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 16時59分

  • 世界一の縄文土器

     高さ4.5m、重さ5tほどの縄文式の土器が町民総出で制作された。

     1989年5月にギネス記録に公認される

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 16時59分

  • 赤崎海岸

     赤みがかってごつごつした岩礁が続く海岸
     赤崎海岸は、青い波と対照的な赤茶色の岩礁を散りばめたような海岸です。これは溶結凝灰岩が長い年月にわたって内海の静かな波に浸食され、水面すれすれの岩盤地帯に姿を変えたものです。
     海中公園にも指定されており、赤い海岸線と青い海は四季折々に素晴らしいコントラストを描き、訪れる人たちの心をとらえて離しません。
     海岸段丘を形成する丘には、観光イチゴ園があり5月...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 16時59分

  • 千畳敷

     海沿いの道路から眺めることができる水深1m足らずの浅瀬。かってここで海水が引いた時に、築石用の石材を採取したところで、採石された石は、家居の土台石・門柱・墓石などに利用された。
     潮位が低い時には、岩肌が露出する。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 16時58分

  • 鉢伏山

     鉢伏山は町の最高峰で標高が543.6m。能登一の長流・町野川の水源である。山頂には国土地理院の一等三角点がある。
     山頂付近には低山帯には珍しいブナの原生林が残り、その貴重さから、昭和58年1月には朝日新聞社と(財)森林文化協会の「21世紀に残したい日本の自然百選」に選定された。この直後に、白滝自然林と呼ばれるブナの原生林(約10ha)が売却・伐採されそうになったが、町(旧柳田村)が土地ごと買い...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 16時57分

  • 羅漢山

     長い年月にわたり凝灰岩の風化作用により、面積約一千平方メートルにわたり等身大の群立せる阿羅漢に似ている事から羅漢山と呼ばれ、地区の人達の信仰対象物としてあがめられ現在に至る貴重な物であり、自然のなせる造化の妙を今にとどめている。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 16時57分

  • 藤波運動公園

     16面の砂入り人工芝のテニスコート「能都健民テニスコート」、4面の屋内テニスコート「WAVEのと」、そして多目的芝生運動広場「のとスポーツピアッツァ」が整備されています。空気の澄んだ日には、前方に広がる日本海に立山連峰が浮かび上がります。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 16時05分

  • イカ(加工品)

     能登町小木は、日本海側最大の冷凍イカの水揚げ地として古くから栄えてきました。
     釣り上げたイカを船内で一本一本急速冷凍する、「船内一本凍結イカ」は、日本の三大イカ釣り船団「石川船団」で誕生した方法で、全国的に有名な「ブランドイカ」に発展しています。
     イカ加工品としても、伝統的なものはもちろん、新たな商品開発も行なわれており、町の特産品として多くの方々から好評を得ています。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年8月15日(月曜日) 12時29分

  • いしり

    能登半島に古くから伝わる魚醤油「いしり」には、原料によって大きく2種類があります。
     富山湾に面した内浦地区では、イカの内臓(ゴロ)を原料とし、日本海に面した外浦地区では、イワシ・サバを主な原料としています。「いしり」のほかに「いしる」「よしる」などともよばれています。
     語源には諸説ありますが、魚の古語である「いお」の「汁」が転じて「イシル」「イシリ」となったなどともいわれています。
     能登町の...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年8月15日(月曜日) 12時28分

  • 写真家・中 乃波木さん『ふるさと大使』に

    能登町の魅力を全国にPRしてもらうため、能登町ゆかりの写真家・中 乃波木(なか のはぎ)さんを「能登町ふるさと大使」に任命しました。
    4月4日、持木町長が「交流人口の拡大に協力してください」と委嘱状と大使の名刺を交付しました。

    中さんは、中学1年生の夏から卒業までの期間を能登町(旧柳田村)で過ごし、2007年には能登の自然を撮りおさめた写真集『Noto』を出版。
    「のとっ子」を自称する中さんは、...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2011年4月12日(火曜日) 08時29分