現在の位置:ホーム > お知らせ > 「閭ス逋サ逕コ鬮倬ス「閠�遖冗・峨し繝シ繝薙せ縺ョ讎りヲ�」の関連情報の一覧

お知らせ

「閭ス逋サ逕コ鬮倬ス「閠�遖冗・峨し繝シ繝薙せ縺ョ讎りヲ�」の関連情報」には39件の情報があります。

  • 「第3回のと未来会議」の開催について

    【令和2年度 第3回のと未来会議】
    ~能登町の共創から、未来の暮らしのヒントを見つける!~
    今年の「のと未来会議」は全4回開催予定で、「あなたのこれからの暮らしにとって大切にしていきたいことは何ですか?」という問いを通じて、これまでの取組から未来の暮らしのヒントを見つける場として開催していきます。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 地域戦略推進室 2021年1月20日(水曜日) 15時10分

  • ふるさと納税で能登町を応援してください!

    「ふるさと能登町応援寄附」は、「生まれ育ったふるさとに貢献したい!」「関わりが深い地域を応援したい!」という熱い思いを実現するため、自らの意思で納税先を寄附という行為によって選択できるものです。

    能登町では、以下の活動の推進のためにふるさと能登町応援寄附を募ります。
    1 地場産業の育成の支援
    2 観光・地域振興の支援
    3 移住・定住促進対策の支援
    4 子育て・社会福祉活動の支援
    5 教育水準の向...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年1月20日(水曜日) 13時33分

  • 令和3年度 償却資産申告書の提出について

     償却資産の所有者は、地方税法第383条の規定により、賦課期日(毎年1月1日)現在において所有する償却資産について、その年の1月31日までに当該償却資産の所在地の市町村長へ申告しなければなりません。
     申告義務が生じる方は、「申告の手引き」等(添付ファイル)を参照のうえ、申告期限内において必ず申告書の提出をお願いします。

    本庁舎 1階 税務課 2020年12月18日(金曜日) 08時32分

  • セーフティネット保証4号の認定について

    自然災害等の突発的事由(噴火、地震、台風等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、災害救助法が適用された場合及び都道府県から要請があり国として指定する必要があると認める場合に、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証する制度です。


    制度の利用にあたっては事業所の所在する市町村長(能登町の場会は能登町長)の認定が必要となります。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年11月27日(金曜日) 16時43分

  • 中小事業者に対する固定資産税・都市計画税の減免について

    本庁舎 1階 税務課 2020年11月26日(木曜日) 13時54分

  • セーフティネット保証5号の認定について

    売上の減少等で、事業活動に支障をきたしている中小企業者がセーフティネット保証により、金融機関から融資を受けるために、市区町村長から中小企業信用保険法に定める特定中小企業者であることの認定を受けます。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年10月28日(水曜日) 08時37分

  • 漁業継続支援緊急対策事業給付金

    新型コロナウイルスの感染拡大により、水産物の需要低下と、それに伴う価格下落の影響を受けた漁業者の方々の事業継続を支援するため、給付金を交付します。

    本庁舎 2階 農林水産課 水産振興室 2020年10月1日(木曜日) 13時02分

  • 公立宇出津総合病院の人間ドックが1割負担で受けられます。

    能登町では、加入者のみなさまに生活習慣病などの早期発見と健康管理を図っていただくために、
    人間ドックを受診する方へ助成を行っています。

    医療機関を問わない7割補助(上限5万円)に加え、公立宇出津総合病院の人間ドック検査に限り、1割の窓口負担(9割助成)で受診することができます。

    本庁舎 1階 健康福祉課 2020年9月24日(木曜日) 18時35分

  • 人間ドック検査料の助成について

    能登町では、加入者のみなさまに生活習慣病などの早期発見と健康管理を図っていいただくために、
    人間ドックを受診する方へ助成を行っています。

    該当される方は、下記のとおりお申し込みください。

    本庁舎 1階 健康福祉課 2020年9月24日(木曜日) 18時34分

  • 危機関連保証制度の認定について

     この制度は、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻、大規模な経済危機等による信用の収縮等により経営の安定に支障を生じている中小企業者について、信用保証協会が通常の保証限度額及びセーフティネット保証の限度額とは別枠で保証を行う制度です。
     制度の利用にあたっては事業所の所在する市町村長(能登町の場合は能登町長)の認定が必要となります。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 07時40分