現在の位置:ホーム > お知らせ > 「�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス」の関連情報の一覧

お知らせ

「�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス」の関連情報」には40件の情報があります。

  • ふるさと納税で能登町を応援してください!

    「ふるさと能登町応援寄附」は、「生まれ育ったふるさとに貢献したい!」「関わりが深い地域を応援したい!」という熱い思いを実現するため、自らの意思で納税先を寄附という行為によって選択できるものです。

    能登町では、以下の活動の推進のためにふるさと能登町応援寄附を募ります。
    1 地場産業の育成の支援
    2 観光・地域振興の支援
    3 移住・定住促進対策の支援
    4 子育て・社会福祉活動の支援
    5 教育水準の向...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年11月30日(火曜日) 08時18分

  • セーフティネット保証4号の認定について

    自然災害等の突発的事由(噴火、地震、台風等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、災害救助法が適用された場合及び都道府県から要請があり国として指定する必要があると認める場合に、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証する制度です。


    制度の利用にあたっては事業所の所在する市町村長(能登町の場会は能登町長)の認定が必要となります。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年11月18日(木曜日) 13時06分

  • 人間ドック検査料の助成について

    能登町では、加入者のみなさまに生活習慣病などの早期発見と健康管理を図っていいただくために、
    人間ドックを受診する方へ助成を行っています。

    該当される方は、下記のとおりお申し込みください。

    本庁舎 1階 健康福祉課 2021年10月7日(木曜日) 19時20分

  • 令和3年度 事業承継セミナー開催のご案内

    石川県産業創出支援機構では、事業承継セミナーを開催します。

    創業1918(大正7)年、老舗旅館の元湯陣屋 代表取締役 女将 宮崎知子氏をお招きし、「IT活用による旅館改革とその挑戦ー事業継承に有効的な活用法」と題してご講演いただきます。

    存続の危機に直面していた本旅館を事業承継し、IT化することで業務の効率化を図り、従業員の意識改革などの様々な改善・改革を実施され大きく業績を伸ばすことに成功さ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年10月6日(水曜日) 15時30分

  • 予約制乗合タクシーのおかえり便が1便増便されます

    宇出津地区を除く町内全域を6つの地域に分け、ご自宅から宇出津方面へ向かう「おでかけ便」と、宇出津総合病院からご自宅へ向かう「おかえり便」が1日にそれぞれ2便ずつ運行されていましたが、「おかえり便」について10月1日(金)から15:00台の便が1便増便となります。

    本庁舎 3階 企画財政課  2021年10月1日(金曜日) 00時00分

  • 申請書等の押印の見直し

     

    本庁舎 3階 総務課 2021年10月1日(金曜日) 00時00分

  • 能登町新人・再就職介護従事者就業支援給付金について

    介護従事者の不足の解消及び定着を図るため、令和2年度から新たに能登町内の介護保険施設等に就職する介護従事者、もしくは再度町内の介護保険施設等に就職する介護従事者に対し、3年を限度として給付金を支給します。
    給付対象者、給付金の額及び支給方法、各種申請様式などは添付データをご覧ください。
    申請方法や申請書類に関しては、健康福祉課介護保険係(TEL 62-8517)までお問い合わせください。

    本庁舎 1階 健康福祉課 2021年9月30日(木曜日) 00時00分

  • 危機関連保証制度の認定について

     この制度は、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻、大規模な経済危機等による信用の収縮等により経営の安定に支障を生じている中小企業者について、信用保証協会が通常の保証限度額及びセーフティネット保証の限度額とは別枠で保証を行う制度です。
     制度の利用にあたっては事業所の所在する市町村長(能登町の場合は能登町長)の認定が必要となります。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年9月6日(月曜日) 13時13分

  • 中小企業退職金共済制度について

    「中退共」は国がサポートする中小企業のための退職金制度です。
    独立行政法人勤労者退職金共済機構「中退共」では、中小企業退職金共済制度の一層加入促進を図るため、10月1日から31日までの期間を「中小企業退職金共済制度加入促進強化月間」として全国規模で集中的な加入促進活動を展開しています。

    〈中退共制度についての6つのポイント〉
    1、掛金の一部を国が助成

    2、掛金月額の選択
    従業員ごとに16種類か...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年9月6日(月曜日) 13時10分

  • セーフティネット保証5号の認定について

    売上の減少等で、事業活動に支障をきたしている中小企業者がセーフティネット保証により、金融機関から融資を受けるために、市区町村長から中小企業信用保険法に定める特定中小企業者であることの認定を受けます。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年9月6日(月曜日) 08時29分