現在の位置:ホーム > お知らせ > 「髢ュ�スス騾具スサ騾包スコ髴趣スイ隴ォ邇イ�スー�スエ騾包ス」霑夲スゥ陷�?陝セ�ス・鬮「迢怜験郢ァ�スサ郢晢スウ郢ァ�スソ郢晢スシ郢ァ雋櫁懸騾包スィ邵コ蜉ア窶サ邵コ�スソ邵コ�スセ邵コ蟶呻ス鍋クコ?date_type=0」の関連情報の一覧

お知らせ

「髢ュ�スス騾具スサ騾包スコ髴趣スイ隴ォ邇イ�スー�スエ騾包ス」霑夲スゥ陷�?陝セ�ス・鬮「迢怜験郢ァ�スサ郢晢スウ郢ァ�スソ郢晢スシ郢ァ雋櫁懸騾包スィ邵コ蜉ア窶サ邵コ�スソ邵コ�スセ邵コ蟶呻ス鍋クコ?date_type=0」の関連情報」には103件の情報があります。

  • いしかわ農業参入支援ファンド

    耕作放棄地などで営農する企業を支援する「いしかわ農業参入支援ファンド」の事業採択交付式は3月19日、県庁で行われました。水稲や露地野菜など能登地域で新規・追加参入された5社の事業が採択され、能登町からは「(農)岩井戸農産」と「(農)Skyファーム」の2社が採択されました。事業採択交付式ではファンドを運用する「いしかわ農業総合支援機構」理事長の谷本正憲県知事から採択決定書が交付されました。

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年4月2日(月曜日) 20時10分

  • 鳥獣被害防止対策

     町では、鳥獣による農作物等の被害を軽減するため、集落ぐるみの取り組みを支援しています。
     電気柵や捕獲檻の設置にかかる補助、狩猟免許取得者への助成、人材育成のための講習会や集落の点検等を実施しています。

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月23日(金曜日) 09時35分

  • ふるさとの匠「未来につなげる技能展」

    ふるさとの匠「未来につなげる技能展」に出展した能登町の匠3人は3月15日、各自の技能や取り組み内容などを発表しました。

    町から参加していたのは、ユネスコ無形文化遺産「あえのこと」を継承する中正道さんと宇出津(うしつ)地区発祥の伝統娯楽「ごいた」の普及・伝承を行う洲崎一男さん、マツタケ山整備に取り組む中山吉男さんの3人。
    洲崎さんは「『ごいた』の普及と保存は町おこしが狙いだった。今では全国に保存会...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月20日(火曜日) 09時04分

  • 里山里海守る思いを記録

    世界農業遺産に認定されている「能登の里山里海」を守る人々の思いを高校生たちが聞き取って記録する活動の発表会が3月4日、奥能登行政センターで開かれました。
    聞き書きの活動には能登地方の9高校の生徒18人が参加。昨年8~9月に地元の担い手を取材し、文章にまとめてきました。
    発表会では、7校の生徒たちが順番に取材成果を紹介しました。能登高校2年の向智香さんらのグループは、松波で米飴作りに取り組んでいる横...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月9日(金曜日) 11時23分

  • 東山動植物園で企画展を開催しました

    能登町とNPO法人のとキリシマツツジの郷などでつくる「柳田地区山村活性化協議会」は2月27日から6日間、名古屋市の東山動植物園「植物会館」で「のとキリシマツツジ展」を開催しました。

    深紅の花びらがきらびやかな「本霧島」や、がくが花びらのようになる「蓑(みの)霧島」、全国的にも珍しい「紫霧島」など盆栽と鉢植えそれぞれ10鉢を展示。能登半島では5月の大型連休が見頃ですが、今回の展示に併せて開花を調整...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月7日(水曜日) 13時45分

  • 能登町ドライブマップ

    能登町での旅には、能登町ドライブマップをご利用ください。

    表面では、わかりやすいイラストマップにて能登町の観光スポットや主要施設が紹介されています。

    裏面では、里山体験・里海体験・見る・温泉・お祭り・公園・お土産の各ジャンルにて能登町でできる体験や様々な施設が紹介されています。

    下記よりダウンロードしてぜひご利用ください。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2018年3月6日(火曜日) 17時03分

  • のとキリシマツツジの外国語版DVD制作

    能登町とNPO法人のとキリシマツツジの郷などでつくる「柳田地区山村活性化協議会」は、町花のとキリシマツツジの魅力を映像に収め、英語と韓国語のナレーションと字幕で解説するDVDを制作しました。
    農林水産省の山村活性化支援交付金による、「のとキリシマツツジ」という地域資源を活用した所得・雇用の増大をめざす取り組みの一環です。
    映像には初夏に深紅の花を咲かせる能登町各地の古木を収録しており、外国人観光客...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月6日(火曜日) 15時19分

  • 下限面積(別段の面積)について

     農地の売買や賃借は、農地法の規定により、農業委員会の許可を得ることが必要となっており、その許可の要件の一つに下限面積要件が定められています。
     下限面積要件とは、経営面積があまりに小さいと生産性が低く、農業経営が効率的かつ安定定期に継続して行われないことが想定されることから、農地の権利を取得する者は権利取得後に一定の面積に達しなければ許可されないことになっており、その面積を「下限面積」と呼んでい...

    本庁舎 2階 農林水産課 農業委員会事務局 2018年2月23日(金曜日) 17時03分

  • 農地の貸借、売買、転用

     個人または、農地所有適格法人が、耕作目的で農地を取得したり、借りたりしようとする場合には、農地法第3条により、農業委員会の許可が必要です。(権利を取得する人またはその世帯員の方が取得した農地及び現在所有している農地をすべて耕作しなければなりません。)
     また、貸借については、農地法第3条の許可が不要で手続きが簡単な農業経営基盤強化促進法による利用権設定(農林水産課へ申請)といった方法もあります。...

    本庁舎 2階 農林水産課 農業委員会事務局 2018年2月23日(金曜日) 16時41分

  • ブルーベリー農家 園児にスイーツ

    町内のブルーベリー農家でつくるグループ「ベリースマイル(代表:駒寄美和子さん)」の会員4人は昨年12月25日、柳田保育所と上町保育所を訪れ、クリスマスプレゼントとして発酵ブルーベリーとチーズを使ったスイーツを園児82人にプレゼントしました。

    スイーツはベリースマイルが2年前に志賀町の和菓子店と共同開発した商品。町特産のブルーベリーを園児においしく食べてもらおうと今年初めてプレゼントすることにしま...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年1月19日(金曜日) 08時43分