現在の位置:ホーム > お知らせ > 「鬯ョ�ス「?�スス�スュ??�スス�スス?�スス�スス鬯ィ�スセ陷茨スキ?�スス�スス?�スス�スサ鬯ィ�スセ陋ケ??�スス�スス?�スス�スコ鬯ョ�スエ髮懶ス」?�スス�スス?�スス�スイ鬮ォ�スエ?�スス�スォ鬩�?�スス�スイ??�スス�スス?�スス�スー??�スス�スス?�スス�スエ鬯ィ�スセ陋ケ??�スス�スス?�スス�ス」鬮エ螟ァ�ス、�スイ?�スス�スス?�スス�スゥ鬮ッ�スキ??鬮ッ譎「�スス�スセ??�スス�スス?�スス�ス・鬯ッ�スョ?�スス�ス「髴托ス「隲、諞コ�スィ鬥エホ�?�スス�スァ??�スス�スス?�スス�スサ鬩幢ス「隴趣ス「?�スス�スス?�スス�スウ鬩幢ス「?�スス�スァ??�スス�スス?�スス�スソ鬩幢ス「隴趣ス「?�スス�スス?�スス�スシ鬩幢ス「?�スス�スァ鬮ョ蛹コ�スォ竏オ?�スク鬯ィ�スセ陋ケ??�スス�スス?�スス�スィ鬩搾スオ?�スス�スコ髯キ莨夲スス�スア驕ッ�スカ?�スス�スサ鬩搾スオ?�スス�スコ??�スス�スス?�スス�スソ鬩搾スオ?�スス�スコ??�スス�スス?�スス�スセ鬩搾スオ?�スス�スコ髯晢スカ陷サ�スサ?�スス�スス鬪ー蜈キ�スス�スク?�スス�スコ?date_type=0」の関連情報の一覧

お知らせ

「鬯ョ�ス「?�スス�スュ??�スス�スス?�スス�スス鬯ィ�スセ陷茨スキ?�スス�スス?�スス�スサ鬯ィ�スセ陋ケ??�スス�スス?�スス�スコ鬯ョ�スエ髮懶ス」?�スス�スス?�スス�スイ鬮ォ�スエ?�スス�スォ鬩�?�スス�スイ??�スス�スス?�スス�スー??�スス�スス?�スス�スエ鬯ィ�スセ陋ケ??�スス�スス?�スス�ス」鬮エ螟ァ�ス、�スイ?�スス�スス?�スス�スゥ鬮ッ�スキ??鬮ッ譎「�スス�スセ??�スス�スス?�スス�ス・鬯ッ�スョ?�スス�ス「髴托ス「隲、諞コ�スィ鬥エホ�?�スス�スァ??�スス�スス?�スス�スサ鬩幢ス「隴趣ス「?�スス�スス?�スス�スウ鬩幢ス「?�スス�スァ??�スス�スス?�スス�スソ鬩幢ス「隴趣ス「?�スス�スス?�スス�スシ鬩幢ス「?�スス�スァ鬮ョ蛹コ�スォ竏オ?�スク鬯ィ�スセ陋ケ??�スス�スス?�スス�スィ鬩搾スオ?�スス�スコ髯キ莨夲スス�スア驕ッ�スカ?�スス�スサ鬩搾スオ?�スス�スコ??�スス�スス?�スス�スソ鬩搾スオ?�スス�スコ??�スス�スス?�スス�スセ鬩搾スオ?�スス�スコ髯晢スカ陷サ�スサ?�スス�スス鬪ー蜈キ�スス�スク?�スス�スコ?date_type=0」の関連情報」には106件の情報があります。

  • 「能登の里山里海人」聞き書き

    能登の里山里海で特色ある活動をしている「能登の里山里海人」を地元の高校生が取材・記録する「聞き書き」研修が、8月1・2日の日程で行われました。
    2日は能登高校二年の男子生徒2人が、県奥能登行政センターで能登杜氏の農口(のぐち)尚彦さんを取材。農口さんが「雨や気温の違いで材料の米が毎年違うから、同じ酒は二度と造れない。百歳になっても究めることは難しい」などと説明すると、2人は真剣に耳を傾けていました...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年8月14日(火曜日) 10時39分

  • 生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画について

    能登町導入促進基本計画について

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2018年6月15日(金曜日) 16時37分

  • 小木港イカ釣り船団応援プロジェクト支援品が贈呈されました

    能登半島の沖合(北北西約300km)には、大和堆と呼ばれる好漁場があり、中型イカ釣り船の主要な漁場となっています。しかし近年、その日本の排他的経済水域(EEZ)内で外国船の違法操業が活発化、中型イカ釣り船の操業が妨害され漁獲量の減少が続いています。
    このような苦境に立つイカ釣り船団を応援するため、ふるさと納税を利用した「小木港イカ釣り船団応援プロジェクト」を平成30年2月に立ち上げました。そして、...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年5月21日(月曜日) 12時00分

  • 能登町農林水産物加工開発センターを利用してみませんか

    農林水産物を加工してみませんか。
    能登町農林水産物加工開発センター(能登町字立壁)では、色々な農水産物の加工ができます。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2018年4月26日(木曜日) 17時31分

  • 多面的機能発揮促進事業優良活動表彰

    多面的機能発揮促進事業に取り組む能登町広域協定運営委員会は3月12日、北陸農政局で行われた同事業の優良活動表彰で北陸農政局長賞を受賞しました。
    式には今寺賢三会長が出席。印藤局長から賞状が手渡されました。町全域を対象とする同運営委員会は、町と連携した事務局を設置し、活動組織の事務軽減を図るため74組織をまとめながら事務支援や活動の指導などを行っています。

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年4月3日(火曜日) 11時57分

  • いしかわ農業参入支援ファンド

    耕作放棄地などで営農する企業を支援する「いしかわ農業参入支援ファンド」の事業採択交付式は3月19日、県庁で行われました。水稲や露地野菜など能登地域で新規・追加参入された5社の事業が採択され、能登町からは「(農)岩井戸農産」と「(農)Skyファーム」の2社が採択されました。事業採択交付式ではファンドを運用する「いしかわ農業総合支援機構」理事長の谷本正憲県知事から採択決定書が交付されました。

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年4月2日(月曜日) 20時10分

  • 鳥獣被害防止対策

     町では、鳥獣による農作物等の被害を軽減するため、集落ぐるみの取り組みを支援しています。
     電気柵や捕獲檻の設置にかかる補助、狩猟免許取得者への助成、人材育成のための講習会や集落の点検等を実施しています。

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月23日(金曜日) 09時35分

  • ふるさとの匠「未来につなげる技能展」

    ふるさとの匠「未来につなげる技能展」に出展した能登町の匠3人は3月15日、各自の技能や取り組み内容などを発表しました。

    町から参加していたのは、ユネスコ無形文化遺産「あえのこと」を継承する中正道さんと宇出津(うしつ)地区発祥の伝統娯楽「ごいた」の普及・伝承を行う洲崎一男さん、マツタケ山整備に取り組む中山吉男さんの3人。
    洲崎さんは「『ごいた』の普及と保存は町おこしが狙いだった。今では全国に保存会...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月20日(火曜日) 09時04分

  • 里山里海守る思いを記録

    世界農業遺産に認定されている「能登の里山里海」を守る人々の思いを高校生たちが聞き取って記録する活動の発表会が3月4日、奥能登行政センターで開かれました。
    聞き書きの活動には能登地方の9高校の生徒18人が参加。昨年8~9月に地元の担い手を取材し、文章にまとめてきました。
    発表会では、7校の生徒たちが順番に取材成果を紹介しました。能登高校2年の向智香さんらのグループは、松波で米飴作りに取り組んでいる横...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月9日(金曜日) 11時23分

  • 東山動植物園で企画展を開催しました

    能登町とNPO法人のとキリシマツツジの郷などでつくる「柳田地区山村活性化協議会」は2月27日から6日間、名古屋市の東山動植物園「植物会館」で「のとキリシマツツジ展」を開催しました。

    深紅の花びらがきらびやかな「本霧島」や、がくが花びらのようになる「蓑(みの)霧島」、全国的にも珍しい「紫霧島」など盆栽と鉢植えそれぞれ10鉢を展示。能登半島では5月の大型連休が見頃ですが、今回の展示に併せて開花を調整...

    本庁舎 2階 農林水産課 2018年3月7日(水曜日) 13時45分