現在の位置:ホーム > 詳細検索 > ランキング

詳細検索

ランキング」には1266件の情報があります。

  • 11位 とも旗祭り

    小木の氏神御船神社の春祭りで、小木港を大のぼりと5色の吹き流し、大漁旗を揚げた船が笛や太鼓を打ち鳴らし、湾内せましとかけめぐる。

    明治中期、子供等が大漁と安全を祈願し、紙で継いだ小さな旗に船名を書きそれを伝馬船に立てて遊んでいた。後に神輿の港内渡御に運航する事が慣例となり、現在のとも旗祭りとなった。祭り当日は、北東から風が吹き、祭りが終わる頃には南西の風に変わり豊漁になると伝えられている。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2018年4月6日(金曜日) 15時50分

  • 12位 にわか祭

    能登鵜川の地で古くから伝わる漁師の祭礼「にわか祭」。
     鵜川の2つの台網(大敷網)である、下の網(海瀬組)と上の網(馬場組)の男たちは、不漁や海難事故が続いたため、海の女神、市杵島姫命(弁財天)を祀る海瀬神社に豊漁、海上安全を祈り、行燈に凛々しい武者の絵を描き威勢よく担ぎ祭神を慰めた。
     以来、漁業に栄えた鵜川の漁師たちが祭礼に使われた御幣や武者絵をそれぞれの船や神棚に豊漁安全のお札として飾る風習...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2018年7月20日(金曜日) 17時15分

  • 13位 小木袖キリコ祭り

    能登半島では珍しい奴凧を思わせる形の大あんどん。クライマックスでは、9基の袖キリコが御船神社に向かう急で細い坂道を押し上げられる。その強さと迫力は漁師町ならではの勇ましく迫力ある祭り。

    明治11・12年、社頭造営に曳き出した。当時のキリコは巨大で西町、東町などは幅は十一間、高さ四間半であったが、大正3年、電灯線が架設されたので現在のように小さくなった。奉燈キリコは能登一円に多くあるが、小木袖キリ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年8月6日(木曜日) 13時10分

  • 14位 能登三郷斎場及び多目的交流センターの使用料について

    斎場及び多目的交流センターの使用料は関連ファイルのとおりです。
    小動物(犬猫等)の処理のときは事前にご連絡ください。

    本庁舎 1階 住民課 2019年10月2日(水曜日) 17時36分

  • 15位 入札関係様式について

     能登町が執行する競争入札(制限付き一般競争入札、指名競争入札、総合評価方式)において使用する様式は、ここに掲載する様式で運用します。

    本庁舎 3階 企画財政課  2021年4月5日(月曜日) 08時29分

  • 16位 ごみ・資源の分け方・出し方について

    「ごみ・資源収集カレンダー」に従い、各地区指定日の朝8時30分までに出してください。分け方・出し方については定められているとおりにお願いします。
    限りある資源の有効活用のため、ご協力をお願いします。

    本庁舎 1階 住民課 2018年3月30日(金曜日) 15時46分

  • 17位 教育委員会事務局

    教育委員会関係、学校施設、学習指導、児童・生徒の健康、学校給食、生涯学習、公民館・図書館、文化財、スポーツ振興

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2020年1月4日(土曜日) 10時06分

  • 18位 ふるさと振興課

    商工業振興、観光振興、観光施設、イベント、特産品、、シルバー人材センター 、新エネルギー、国際交流、地域づくり

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2020年1月5日(日曜日) 19時35分

  • 19位 能登の寒ぶり

     冬の能登半島へ来たなら絶対に味わいたい「のと寒ぶり」。

     12月頃から翌年2月頃にかけては寒ぶりのシーズン。
     能登では、冬が到来し雪の降る頃に鳴る雷を「ぶり起こし」と言います。このぶり起こしが鳴ると、「のと寒ぶり」が港にあがり、魚市場を賑わせるシーズンの到来です。

     極寒の日本海で育った天然物でまるまる太った「のと寒ぶり」は、最高の脂の乗りと、引き締まった身で、刺身は脂で醤油も弾くほど。
    ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2019年3月22日(金曜日) 11時05分

  • 20位 【開催を延期】2021第35回猿鬼歩こう走ろう健康大会

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2020年11月19日(木曜日) 08時31分