現在の位置:ホーム > 手続き・申請 > くらしの情報の一覧

手続き・申請

くらしの情報」には145件の情報があります。

  • 児童扶養手当について

     母子家庭等の生活の安定と児童の健全育成に役立ててもらうための制度です。
     児童扶養手当は、父親又は母親と生計を同じくしていない児童を養育されている母子(父子)家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として、児童扶養手当が支給されます。

     平成30年8月より、全部支給に係る所得制限限度額(表≪児童扶養手当所得制限額≫ 参照)が30万円引き上げられ、公用地の取得に伴う土地代...

    本庁舎 1階 健康福祉課 2022年1月24日(月曜日) 00時00分

  • 過疎法に基づく固定資産税の課税免除について

    能登町では「能登町過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法の適用に伴う固定資産税の課税の特例の条例」に基づき、次の要件を満たした場合、固定資産税の課税免除を受けることができます。

    本庁舎 1階 税務課 2022年1月17日(月曜日) 00時00分

  • 創業・継承支援事業補助金

    「特定創業支援等事業による支援を受けた証明書」を有する方が、町の産業振興及び活性化を図ることを目的として、町内で創業・第2創業・継承(以下、「創業等」)するものに対し、予算の範囲内において補助金を交付します。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2021年12月23日(木曜日) 10時32分

  • 新型コロナウイルスワクチンの追加(3回目)接種について

    新型コロナウイルスワクチンの追加(3回目)接種は、2回目接種日から原則8か月以上を経過した18歳以上の方を対象に行います。

    本庁舎 1階 健康福祉課 2021年12月17日(金曜日) 11時54分

  • 能登町担い手育成農業機械整備支援事業

    [支援内容]

    里山の維持・保全に意欲的に取り組む農業者を対象に、農業機械の整備に対して支援し、将来にわたり農地の維持・保全を図るほか、地域の中心となる担い手の育成や集落営農を促進する。

    ○支援対象者・条件
    下記条件を満たす「農業者、認定農業者、認定新規就農者、農業者3戸以上で構成される任意団体」
    1.能登町に在住し、能登町内の農地で耕作している
    2.事業申請年度の水田耕作面積が3ha以上である...

    本庁舎 2階 農林水産課 2021年12月16日(木曜日) 18時31分

  • 認定農業者

    町では、深刻化する農業の担い手不足に対処するため、農業が職業として選択し得る魅力とやりがいのあるものとなるよう、将来の農業経営の発展の目標を明らかにし、効率的かつ安定的な農業経営を目指す意欲と能力のある農業者を担い手として育成し、重点的に支援しています。

    本庁舎 2階 農林水産課 2021年11月25日(木曜日) 08時57分

  • 補装具費(購入・借受け・修理)支給申請について

     障害のために失われた部位や機能を補うために必要とする補装具の購入費を支給します。
     費用の支給を受けられる場合、補装具の購入前に申請しなければなりません。補装具には耐用年数の定めがありますので、一度購入費の支給を受けた方は、耐用年数が過ぎるまで修理費の支給は受けられますが、原則購入はできません。
    耐用年数が過ぎて修理不能であれば、申請に基づいて新しく購入費の支給を行います。

    本庁舎 1階 健康福祉課 2021年11月19日(金曜日) 15時18分

  • 公民館利用案内

    公民館の利用について開館時間、休館日、利用手続き、使用料、利用制限に関するご案内をいたします。

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2021年11月11日(木曜日) 11時55分

  • 転校するとき

    転校するときは、以下の内容をご確認ください。

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2021年11月9日(火曜日) 13時59分

  • 転入するとき

    転入するときは以下のことについてご確認ください。

    本庁舎 3階 教育委員会事務局 2021年11月9日(火曜日) 13時56分