現在の位置:ホーム > お知らせ > 「�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス?�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス?�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス?�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス」の関連情報の一覧

お知らせ

「�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス?�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス?�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス?�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス」の関連情報」には110件の情報があります。

  • 出航前に持木町長激励

    小木港の中型イカ釣り船11隻が5月から順次出漁するのを前に、持木一茂町長は4月24日、町内の船主宅や県漁協小木支所を回り、操業の安全と大漁を願って漁業関係者らを激励しました。

    主な漁場としてきた能登半島沖の好漁場「大和堆」のスルメイカの不漁を受け、今季から同港の4隻が、北太平洋でのアカイカ漁に乗り出します。そのうちの一隻「第58金剛丸」の船主である支所の山下久弥運営委員長宅を訪れた持木町長は「安...

    本庁舎 2階 農林水産課 水産振興室 2020年5月11日(月曜日) 12時57分

  • 菌床シイタケ 全国最優秀賞 「のとっこ」

    寺分の農事組合法人「のとっこ」は、菌床シイタケの出来栄えを競う「第30回サンマッシュ品評会」で、県内で初めて、最優秀賞の「ゴールデンサンマッシュ賞」を受けました。
    4月3日、上野誠治代表理事が役場で持木一茂町長に受賞を報告し、「亡き先代の父が後押ししてくれた」と喜びを語りました。

    品評会は2月、三重県桑名市で開かれ、全国の生産者らが計約990点の菌床シイタケを出品。シイタケの大きさや厚み、形の美...

    本庁舎 2階 農林水産課 2020年5月7日(木曜日) 08時31分

  • 田原さんに北陸農政功績者表彰

    能登町の特産品ブルーベリーの普及や魅力発信に尽力したとして、北陸農政局の令和元年度の農政功績者表彰(北陸農政局長賞 園芸・畜産経営部門)を受賞した柳田重年の田原義昭さん(70)が3月9日、役場で持木一茂町長に喜びを語りました。

    田原さんは昭和45年に旧柳田村(現能登町)の職員になりました。平成元年からは「柳田村ふれあいの里公社(現能登町ふれあい公社)」職員として、日本で初めて木材チップを使ったブ...

    本庁舎 2階 農林水産課 2020年4月13日(月曜日) 11時00分

  • 棚田振興協議会を設立

    能登町指定棚田地域振興協議会の設立総会は3月25日、役場で開かれ、令和2年度から5カ年の「指定棚田地域振興活動計画」を承認しました。棚田米のブランド化、里山暮らしの体験メニュー充実や特別住民の認定制度による関係人口拡大、特産品開発などに取り組みます。
    指定棚田地域は当目、黒川、鮭尾の計約43ha。計画は国に申請し、認定後は中山間地域等直接支払交付金の加算などの支援が受けられます。協議会は12人で構...

    本庁舎 2階 農林水産課 2020年3月30日(月曜日) 09時10分

  • 県産材活用で知事表彰

    積極的に県産材を活用しデザイン性に優れた木造建築物などを県が顕彰する「いしかわの木づかい表彰」の表彰式は3月18日、県庁で行われ、役場柳田総合支所など7件が表彰されました。
    今年度より創設された同表彰には3部門があり、柳田総合支所が受賞したのは、住宅以外の民間及び市町の公共施設のうち、他の模範となるものを表彰する県産材利用施設部門。県内で初めて、木造により建て替えられた行政庁舎であることが特徴です...

    本庁舎 2階 農林水産課 2020年3月26日(木曜日) 12時22分

  • 能登牛認定店 新たに「真脇ポーレポーレ」

    県産ブランド和牛・能登牛を常時取り扱う「能登牛認定店」に真脇ポーレポーレが加わりました。宿泊施設では、能登牛を含む宿泊プランを常時提供していることが認定条件です。

    認定店は、県内の畜産関係団体や県などでつくる能登牛銘柄推進協議会の制度。協議会が発行したプレートやのぼり旗を店頭に掲げることができ、正規の能登牛を扱っていることを来店者に宣伝できます。
    この結果、町内の認定店は次のとおりとなりました。...

    本庁舎 2階 農林水産課 2020年3月2日(月曜日) 08時25分

  • 「ケロンの小さな村」運営の上乗秀雄さん

    中斉の自然体験施設「ケロンの小さな村」を運営する宇出津の上乗(じょうのり)秀雄さんが、優れた地域おこしの事例を選ぶ国の「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の個人賞に選ばれました。能登町役場で昨年12月6日、持木一茂町長に報告し、「受賞を心の宝とし、今後も息長く続けたい」と喜びを語りました。

    上乗さんは教員生活を引退後の平成21年、珠洲道路沿いの耕作放棄地3,300m2を妻の純子さんら仲間と協力し...

    本庁舎 2階 農林水産課 2020年1月8日(水曜日) 18時48分

  • のとキリシマツツジ 英国上陸

    NPO法人「のとキリシマツツジの郷」が、12月上旬に英国に輸出したのとキリシマツツジの苗木100本が、現地で輸入検疫検査に合格しました。育成を待って来春以降に、南部の都市サウサンプトンにある「エクスベリーガーデン」に植樹されます。

    同法人には昨年3月、のとキリシマツツジの美しさに興味を持った英国の植物学者マーク・グリフィス博士から、同法人と親交があった島根大の小林伸雄教授を通じて苗木の寄贈依頼が...

    本庁舎 2階 農林水産課 2019年12月18日(水曜日) 15時46分

  • のとキリシマ 初輸出を報告

    NPO法人のとキリシマツツジの郷のメンバーは11月27日、県庁に谷本正憲知事を訪ね、のとキリシマツツジの苗木を英国に初めて輸出すると報告しました。
    谷本知事は能登のアピールにつながると歓迎し、県として支援する考えを示しました。

    のとキリシマツツジの美しさに興味を持った英国の植物学者の提案を受け、輸出の準備を進めていました。大路篤夫理事長は10品種100株を高さ10cmほどにそろえ、近く英国に送る...

    本庁舎 2階 農林水産課 2019年12月16日(月曜日) 08時14分

  • 石川・福井合同肉牛枝肉共励会

    第31回県肉牛枝肉共励会は12月2日、金沢市の県金沢食肉流通センターで福井県と合同で開かれ、最高賞のグランドチャンピオン(北陸農政局長賞)に4年連続で能登牧場の牛が輝きました。

    石川から47頭、福井から40頭が出品され、脂の入り具合や肉質、光沢などを審査しました。グランドチャンピオンは石川、福井の各知事賞を受けた2頭の中から、より優れた1頭が選ばれます。
    能登牧場の平林将専務は「日頃から牛の餌の...

    本庁舎 2階 農林水産課 2019年12月9日(月曜日) 08時30分