現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には100件の情報があります。

  • オーロラ上映&トークライブ

    オーロラメッセンジャー中垣哲也さんのトークイベントです。
    プラネタリウムいっぱいに広がるオーロラの映像とアラスカの自然のお話をお楽しみ下さい。
    ・日時:2022年11月6日(日)
    一回目13:00~14:00
    二回目15:00~16:00
    ・場所:石川県柳田星の観察館「満天星」
    ・参加費:高校生以上550円、小中学生330円、幼児無料
    ・定員:各回50名
    ・予約:必要
        お電話でご予約くださ...

    本庁舎 3階 柳田星の観察館 満天星 2022年10月4日(火曜日) 17時16分

  • 11月6日は「能登牛と秋の味覚市」in能登町

    能登牛(精肉)の特価販売や試食コーナーを設け、さらにイベントを盛り上げていきます!

    ■イベント開催日時・場所
    日時 11月6日(日)9:30~14:00
    場所 内浦総合運動公園

    ■出店区画及び設備について
    テント1区画(2.7m×3.6m) 2,000円
    ポータブル発電機 1台1,000円
    水道(仮設シンク3カ所) 無料
    イス、テーブル 無料

    ■申込期限 10月14日(金)まで

    ■その他
    ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年10月3日(月曜日) 15時31分

  • 令和4年度 能登町指定文化財展

    能登町指定文化財のうち、神道・神社に関わる文化財などを展示します。
    普段は見ることができない展示品を、この機会にご覧ください。

    本庁舎 3階 町立美術館(羽根万象美術館) 2022年10月3日(月曜日) 08時19分

  • のと里山空港『テイクアウトまいもん市』の出店者募集!

    のと里山空港「空の日」フェスタの『テイクアウトまいもん市』の出店者を募集します。
    今回のまいもん市は、テイクアウトを前提とした提供で、現地調理が可能です。
    また、お隣り航空学園の航空祭(15日・16日)も一般公開しているので、県内外からたくさんのお客さんが見込まれます!ぜひ出店してみませんか??

    本庁舎 3階 企画財政課  2022年9月27日(火曜日) 17時30分

  • 国民宿舎能登やなぎだ荘 臨時休館のお知らせ

    施設メンテナンスのため、全館休館いたします。

    休館日:10月11日(火)、12日(水) (2日間)

    日帰り入浴もお休みします。
    ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

    本庁舎 2階 国民宿舎能登やなぎだ荘 2022年9月13日(火曜日) 10時35分

  • イカキングの経済効果を算定しました

    2021年3月末にイカの駅つくモールに設置されたイカキングの経済効果及び広告換算効果を算定しました。

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年8月30日(火曜日) 14時19分

  • あえのこと(ユネスコ無形文化遺産)

    あえのこと神事を実演します。
    「あえのこと」は、稲作を守る田の神様に祈り、感謝する奥能登の代表的な民俗行事で、昭和51年に国の重要無形民俗文化財に、平成21年9月30日には世界無形遺産に登録されました。
     12月5日、1年の収穫を終えた田んぼから夫婦神である田の神様を迎え、ごちそうでもてなします。長く厳しい冬を家族と一緒に過ごした田の神様は翌春の2月9日に田んぼに送られます。昔は、能登町の多くの農...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年8月1日(月曜日) 08時36分

  • 石仏山祭

     打ち鳴らす太鼓を合図に石仏山へ入り、急な坂道を登ると、中腹に前立(まえだち)という高さ3m、幅0.6mの巨石があり、左右に小さな石が並ぶ。これは大己貴命(おおなむちのみこと)の霊代とされていて、ここが祭場となり、巨石の中頃にしめ縄をした前立の前に参集し、神饌(シンセン)を備え、その年の豊作を祈る。
     石仏山は潔界山とも言われ、今日までも女人禁制の霊山。

     石仏山は古代の祭祀遺跡であり、社殿のな...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年8月1日(月曜日) 08時35分

  • いどり祭

    6つの町内が交代で当番となり、男子のみで造った大鏡餅2枚(直径1.2m)、丸形小餅50~60個、とうし餅16枚を神前に供し、明年度大鏡餅を造るべき当番の者を陪賓としてもてなす。この時、陪賓たちは鏡餅やお膳の餅などについてさまざまな難くせをつけ(いどる)争い、これに対して当番はいろいろ弁解するが、容易に治まらないので神主が仲裁に入って話が治まる珍しい神事。

     正式には八講会(はっこうえ)と称せられ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年8月1日(月曜日) 08時35分

  • アマメハギ(ユネスコ無形文化遺産)

     粉雪のちらつく夜、子供の鬼達が簑を付け、フカグツを履き、手に包丁やサイケをさげ、「アマメを作っている者はいないか・・・アマメー」と叫び、なまけ者や悪い者がいないかと子供に聞かせる事により怠け癖を戒める神事です。

    地区の小中学生が鬼に扮し、田畑の春の耕作を前にいろりにあたっている農家に「早く外に出て働け」と怠け癖のついた人達を戒める行事。この行事が終わると能登にも遅い春が訪れます。

    「来訪神 ...

    本庁舎 2階 ふるさと振興課 2022年8月1日(月曜日) 08時35分